花帰葬|花归葬PS2特典广播剧CD 「鸟」翻译文本

听译:夢野黎奏
校对:牧诗
字幕:矩阵良
说明:超开心!拆塔办开始办公了!(但是管理者之塔真的不是我们拆的)梦野NB!暗暗NB!我吹爆!

【研究者】为何呢。
何故だ。

【黑鹰】就算您问我原因……
何故と言われましても…

【研究者】为何运转不起来。
何故作動しない

【黑鹰】这个嘛,大概是什么地方有些计算出错了吧,运转不起来的话。
まあ、どっかで何かの計算が間違っているでしょうね。動かないということは。

【研究者】吵死了。你给我闭上嘴。明明在之前的调整里确实运转起来了,为何现在却停了呢。
うるさい。お前は黙っていろ。前の調整では確かに作動していたのに。何故今になって止まるのだ。

【黑鹰】因为完成这个之后您就放着它不管,之后一直在做其他季节的调整,所以这里产生了误差吧。
これが出来たあとはそのまま、ずっと別の季節の調整をしてましたから、そこで誤算が生じてしまったのではないか

【研究者】我说过了你闭嘴。这种事就算你不说我也明白。把春季的结构做了大幅转变,是这个的影响吗……还是说……
お前は黙っていろと言ったろう。そんなこと言われずともわかっている。春の機構を大幅を転向したから、その皺寄せか…それとも…

【黑鹰】哎呀,因为春季和这个是相连的啊。您要怎么做?
まあ、春とこれとは繋がってますからね。いかがなされます?

【研究者】但是……不……果然只是误差吗。
しかし…いや…やはりただのズレか。

【黑鹰】主。
主。

【研究者】你太吵了黑鹰。我要暂时研究这个一段时间。这段时间禁止入内。
うるさいぞ黒鷹。我はしばしこれにかかる。当分ここに入ることは禁ず。

【黑鹰】(叹气)是,我明白了。
はい、了解いたしました。


【黑鹰】唉……真是的。
へぇ、やれやれ。

【白枭】黑鹰。
黒鷹。

【黑鹰】嗯?
ん?

【白枭】调整,已经完成了吗?
調整は、もう終わったのですか?

【黑鹰】还没,很遗憾不过如你所见,主呢应该暂时,会闭门不出一段时间。
いいや、残念ながら見ての通りだ。主は暫く、この部屋に引き籠るそうだよ。

【白枭】为什么?
何故です

【黑鹰】就是之前那个系统啊,还以为已经完成了,但现在最初的季节却运转不起来呢。在找到原因让它正常动起来之前,我们被主下禁入令啦。
例のシステムなんだが、完成したかと思い気や、一番初めの季節が動かなくなってしまったね。原因が解明されて正常に動くようになるまで、主に立入禁止の令を頂いた。

【白枭】怎么会……
そんな…

【黑鹰】哈哈,不用担心的,这是家常便饭。在弄完之前他不会倒下的所以放心吧。他也真是,平时明明一副吊儿郎当样,一旦开始工作通宵熬夜连轴转也不当回事啊。
ハハ、心配しなくても、日常茶飯事だ。終わるまでは倒れないから安心しなさい。本当、普段はぐうたらのくせに、作業に入ると何日も働き詰めて平気なんだからな。

【白枭】尽管如此,我们也不能离开主的身旁吧。你怎么总是立刻就说要放假这种话。
だからといって、お側を離れるわけには行かないでしょう。貴方はすぐそうやって休もうとするんですから。

【黑鹰】你要进去?别这样啊。没用的啊真的。就算进去了,也只会被他骂的。
入るのかい?やめておきなさい。無駄だよ無駄。入ったって、叱られるだけだ。

【白枭】可是……
ですが…

【黑鹰】要真成这样了,谁都管不了那一位的事的。你也是,尽早习惯这种事吧,也是为今后着想。
こうなるとね、本当に手が付けられないだ、あの方は。貴方も、早いうちに慣れて置き給えよ。今後のためにも。

【白枭】怎么这样……
そんな…

【黑鹰】就算这个系统完成了,在这个箱庭建好之前,其他必须创造的东西还堆得跟山一样呢。那之前,被这种细枝末节琐碎事搞得晕头转向可不行。
このシステムが完成しても、まだこの箱庭の完成までには、他に作られなければならないものは山ほどあるんだ。それまで、こんな瑣末事に振り回されていてはいけない。

【白枭】(叹气)
あ……

【黑鹰】唉,不过幸亏这样,我们有了点休息的时间啊。你也是,这段时间就没怎么好好休息过吧?难得的假期好好放松一下吧。
まあ、だが、おかげで、我々には少しの間休暇が出来たな。貴方も、ここ暫くあまり休んでいないだろう。折角だからゆっくりし給え。

【白枭】这种事怎么可以。
そんな訳には参りません。

【黑鹰】主出来之前,你想在房间外面陪他?别这样吧,这种事做了也没意义的。
主が出て来るまで、部屋の外で付き添うと?やめておきなさい。そんな事をしても意味がない。

【白枭】不可以这样说的吧,黑鹰。
そんな言い方はないでしょう、黒鷹。

【黑鹰】弄完了他自己就会出来的,放着他不管就好了。
終われば勝手に出てくるんだから、放っておけばいいんだって。

【白枭】但是,等……
でも、で、ちょっ

【黑鹰】好啦好啦,快点来这边。难得的休息时间浪费了可不行哦。
ほらほら、こっちに来なさい。せっかくの休憩時間を無駄にしてはいけないよ。

【白枭】等一下,黑鹰!
ちょっと、黒鷹!

【黑鹰】正正好的时间呀,来喝茶吧。
ちょうどいい時間だ。茶にしよう。


【黑鹰】白枭,喂——白枭。真是的,为什么你偏要生这么大的气呀?难得的时间和茶都要浪费了哦,差不多就消消气吧?
白梟。おーい、白梟。まったく、何でそんなに、あなたの機嫌を損ねなければならないんだ?せっかくの時間と茶が台無しだぞ。いい加減、機嫌を直してくれないか?

【黑鹰】主都说让我们走开了,这段时间又没别的事好做,就不能去哪里放松一下吗?这种事经常有的吧。作为那个人的鸟,该习惯的呀。
主が出て行けといったんだ。その間やることも無いんだし、休むことのどこが行けない?こんなことはしょっちゅうなんだ。あの人の鳥なら、慣れでくれよ。

【白枭】就算不是这样,你不也是,一旦得了空就马上休假了吗。
それでなくても、貴方はすぐに、隙あらば休みをとっているではありませんか

【黑鹰】这个嘛,要看时间和场合的。好啦,要加点牛奶吗?要是带了能当茶点的东西就好了哎。
それはまあ、時と場合によってはな。ほら、ミルク入れるかい?茶うけに何か持ってくれば良かったな。

【黑鹰】我话先放前头,搞成这样以后那一位可是饭也不吃的啊。除了放着他不管,我们已经没有其他事情可以做了。所以呢,现在就请你好好休息吧。
言っておくが、こうなったら食事も取らないからな、あの方は。放っておく以外、我々にできることはない。だから、今は休んでおきなさい。

【白枭】连担心他,也不行吗?
心配しては、いけないのですか?

【黑鹰】嗯?
ん?

【白枭】这个箱庭的中枢相关的工作,除了主以外没有人能做到,我是知道的。我也知道主并不需要我们的帮忙。但是,眼看着主拼尽全力在完成创造,我怎么能放着不管自顾自休息。
この箱庭の中枢に関わる作業が、主にしかできないことなのを分かっています。主が、それには我らの手が必要としていないことも。ですが、主が懸命に成られているというのに、それを放って休むことなどできません。

【白枭】即使什么都做不到,至少还可以陪在主的身边,不是吗?
何もできずとも、お側にいることくらい、してもいいではありませんか?

【黑鹰】(笑)你啊,真是可爱啊。
可愛いな、貴方は。

【白枭】……什么?
……は?

【黑鹰】没有,刚才那是直白的感想,并没有什么特别的意思别想太多。那个……就算是我,你的话我也不是不明白的哦。
いや、今のは率直な感想で、特に意味はないから流してくれ。その……別に私だって、貴方の言っていることが、分からないわけじゃないよ。

【白枭】是这样吗?
そうなんですか?

【黑鹰】这是完全不信我啊。不要露出那样的表情好吗?就算是我,也是会担心主的啊。到底算是那个人的鸟嘛。
全く信じてないな。そんな顔をしないでくれないか。私だって、主の心配くらいしているさ。あの人の鳥なんだから。

【黑鹰】然而,一而再再而三也就那啥,哪怕不习惯也得习惯了
だが、毎回毎回何かに詰まる度にアレだ、いい加減嫌でも慣れる。

【白枭】居然……是这样吗?
そんなに……なのですか

【黑鹰】是啊。归根到底,不让我们进去还把自己关在房间里,还不是因为他也搞得很开心嘛。像那样一个人闭门创造,就是那一位的职业、也是他存在的意义啊。
ああ。そもそも、私達の立入に禁止にして引き籠るのも、結局は、それが楽しいからさ。ああやって一人で籠もってものを作るのが、あの方の生業で、存在意味だからな。

【黑鹰】好啦,难得放了点牛奶,不喝一点吗?不喝要冷掉了哦。然后,喝完这个,要出去看看吗?
ほら、せっかく入れたんだ、飲んでくれないか。冷めてしまうよ。それで、それを飲んだら、外に出て見ないか。

【白枭】诶……?
え…?

【黑鹰】现在外面是春天的状态,不过,他正在试着让最初的季节运转起来。总之,先去看看外面是什么样子也不错。
今外は春の状態だが、試験的にはじめの季節を作動させているんだ。一応、様子を見ておくのも悪くない。

【白枭】我明白了。
分かりました。

【黑鹰】唉,哎呀哎呀。
へえ、やれやれ。

【白枭】真的是,停在春天了呢。
本当に、春のままですね。

【黑鹰】是啊,话虽如此,塔周围发芽的草木还只有一小撮啊,看上去是有点煞风景。其他的地方要能快点长出树木就好了。
ああ。とはいえ、まだ塔の周囲に草木がちょっと生えてるだけで、殺風景なものだが、早く余所の土地でも、木が育つといいな。

【白枭】那个时候。
あの時。

【黑鹰】嗯?
ん?

【白枭】主第一次令我目睹最初的季节之时。真的很美,美得光彩夺目,教人无法忘怀。
主に初めて、最初の季節を見せて頂いた時。本当に美しくて、目が奪われたのをよく覚えています。

【黑鹰】是呀。唉,不过仅限于看起来就是了。
ああ。まあ、見てるだけではな。

【白枭】明明总有一天,我作为白之鸟,必定要让它不再飘落的。然而那时我却想着,如果能永远这样看下去该有多好。
いずれ私は、白の鳥として、あれが降ることのないようにしなければならないのに、あの時は、いつまでも、このまま見ていたいと思ってしまった。

【黑鹰】不管怎么说,都是主的造物嘛。那一位啊,只要是美丽的东西,无论什么都会喜欢呢。他不会厚此薄彼的,你不必在意那种事情哦。
何にせよ、主の作った物じゃないか。あの方は何でも、綺麗なものがお好きでね。対などないんだ。あなたがそんな事を、気にする必要はないよ。

【白枭】是呀,的确如此呢。
ええ、そうなんでしょうね。

【白枭】主所创造的这个箱庭里,万事万物都是美的。在主的愿望之下诞生的这个世界,今后会怎样发展呢,我对此十分期待。
主が作られたこの箱庭は、何もかもが美しい。主のお望みの元に生まれたこの世界が、これからどう育つのか、楽しみに思います。

【黑鹰】是啊,最开始,的确如此。
そうだな。最初は、そうだった。

【白枭】黑鹰?
黒鷹?

【黑鹰】不,没什么。这个被称为春的季节,要是能萌生更多的绿色,看上去会更美吧。就是主喜欢的那种“落花之木”一类的。
いや、別に。この春という季節も、もっと緑が育てば綺麗に見えるさ。主の好みの、花の降る木とかな。

【白枭】“落花之木”?试验样品我曾蒙恩得见,而真正的景色,应该更为美丽吧。
花の降る木?試作品は見せて頂きましたが、本物は、もっと美しいのでしょうね。

【黑鹰】是啊,只看那种封装的小模型是完全想象不出来的,从那么高大的树木之上,盛放的花瓣一齐纷飞飘散啊。
ああ。あんなにケースに入ったミニチュアでは、とても分からないよ。こんな大きな木から、一斉に花弁が散るんだ。

【黑鹰】最初的季节里飘降下来的那个也是,主很喜欢的,不过要我说喜欢哪个的话,我还是会更喜欢花吧。
最初の季節に降るあれも、主のお気に入りではあるが、私はどちらが言うと、花のほうが好きだな。

【白枭】黑鹰。
黒鷹。

【黑鹰】嗯?怎么了?
ん?なんだ?

【白枭】黑鹰,天上!
黒鷹、空に!

【黑鹰】嗯?雪?
ん?雪?


【黑鹰】诶——修复了啊。意外的很迅速呢。
へえー直ったのか。意外と速かったな。

【白枭】主……
主…

【黑鹰】这一片的景色虽说是春天,居然突然就下起雪来了啊。真奇怪的感觉。明明周围绿意环绕,却会下雪。
ここ一帯の景色は春だと言うのに、いきなり雪が降ってきてしまったな。おかしな感じだな。緑に囲まれているのに、雪に降られるというのも。

【白枭】是这样的感觉吗?
こういう感じなのでしょうか?

【黑鹰】嗯?
ん?

【白枭】那个,名为“落花之木”的景象。
その、花の降る木と言うのは。

【黑鹰】怎么会,完全不一样哦。
まさか、全然違うよ。

【白枭】黑鹰?
黒鷹?

【黑鹰】确实,这样也很美啊。不过,真的很漂亮哦,落花之木。就算是你,看到那样的景色也会觉得春天要好上许多的。
確かに、これも美しいがな。だが、本当に綺麗だよ、花の降る木は。それを見たら貴方だって、春のほうがずっと良いと思うさ。

【白枭】黑鹰。
黒鷹。

【黑鹰】嗯?怎么了?
ん?何だ?

【白枭】你是黑之鸟,因此我在想,你过分喜爱春天是否有些不妥呢。
貴方は黒の鳥なのですから、あまり春を好むのはどうかと思うですが。

【黑鹰】不要这么说啊。不挺好的吗,至少现在是这样。
そんな事を言わないでくれよ。良いじゃないか、今のうちくらい。

【白枭】嗯。哎,是这样呢,仅限此时此处的话。
ええ。まあ、いいでしょう。今のうちだけなら。

【白枭】果然,雪是美的。
やはり、雪は綺麗です。

【黑鹰】那么,回去吧。虽然只是短暂的休息,但主已经等我们很久了。
じゃあ、戻ろうか。短い休憩だったが、主がお待ちかねだ。


【黑鹰】唉,不出所料又倒了啊。
まあ、予想通りに行き倒れだ。

【白枭】主……!您还好吗?主!
主…!大丈夫ですか?主!

【黑鹰】中枢修好了所以满意地睡着了而已啦。这也是常事了。
中枢が直ったのに満足して寝ただけだよ。これもいつものことだろう。

【白枭】果然这段时间,主太勉强自己了。如果我们能稍微帮上哪怕一点忙,说不定主就不会如此殚精竭虑了。
やはりここ暫く、無理をされていたから。我々がもう少しお力になれれば、このような無理をさせずに済んだかもしれませんのに。

【黑鹰】(笑)不是哦,他一个人搞,纯粹是因为他喜欢这样而已。哎呀,行了。
いや、一人でやっているのは、単にそれは好きだからだって。まあ、いい。

【黑鹰】总而言之,让他别睡地板了好歹睡到好一点的地方去吧。
とりあえず、床じゃなくて、もっとマシなところに寝かせよう。

【白枭】那么,我去整理主的房间。请在这里稍作等待。
では、主の部屋を整えて参ります。暫しお待ちください。

【黑鹰】(叹气)那么,总而言之,先睡到这边的长椅上去吧。
じゃあ、とりあえず、この長椅子にでも寝かせるか。

【黑鹰】哎,您还真是,一点都没变呢。从创造出我那时开始,无论过了多长的时间,不管轮转过多少箱庭,您一直都是这样啊。
ヘえ、本当に貴方は、変わりませんね。私を作られた頃から、どれほどの時を経っても。何度箱庭は巡っても、貴方はいつもそのままだ。

【黑鹰】按自己的理想去创造、毁灭,然后再次创造。对于这次的箱庭,您还是会这么做吗,还是说……
理想のままに作り、壊し、そしてまた作る。今度の箱庭に対しても、またそうされるのか。それとも…

【研究者】怎么,你已经厌烦了吗?
何だ。もう嫌になったのか。

【黑鹰】啊,主,您醒着吗。
っは、主、起きていらしゃったですか。

【研究者】你们太吵了。于我而言,周遭如此喧哗,睡眠实难安稳。
お前たちがうるさいからな。我とて、間近で騒がれては、良く眠れない。

【黑鹰】明明平时我怎么喊您,您都完全起不来的不是吗?唉,这样也行吧。您说的厌烦了,是指什么?
いつもはどんなに起こそうとしても、全く起きないじゃないですか。まあ、いいですけど。嫌になったって、何がです?

【研究者】指成为这个箱庭的黑之鸟一事。
この箱庭の、黒の鳥になったことだ。

【黑鹰】怎么可能,没这回事。
そんな、まさか。

【研究者】哼,你的那些想法,我早就一清二楚。
ふん、お前の考えなど、とうにしれている。

【黑鹰】这样啊。
そうなんですか。

【研究者】不过,木已成舟。楔之鸟已经相连,箱庭已经开始运转。
だが、もう遅いがな。既に鳥が繋がれた、箱庭は動き始めた。

【黑鹰】是是,能为主效力真是再好不过啦。
ええ、主のお役に立てて、何よりです。

【研究者】闭嘴吧。你反正到头来也只是嘴上说说。本以为白枭多少能感化你,如今看来倒比先前顽劣更甚。
黙れ。お前はいつでも口先ばかりでそのような事を言う。白梟に少しは感化されるかと思えば、以前より質が悪くなるようって。

【黑鹰】不是挺好的嘛,您又创造了另一只那么可爱的鸟啊。已经足够了吧。
良いじゃないですか、もう一羽、あの様な可愛い鳥が出来たんですから。十分でしょう。

【研究者】哼,只是想着做一只和你完全相反的鸟,就成了那样罢了。
ふん、お前とは似つかぬ鳥にしようとしたら、ああなっただけだ。

【黑鹰】我倒是觉得我还蛮可爱的哦!
私は私で結構可愛いと思いますけどね。

【研究者】扯淡。不过也真稀奇。
戯け。珍しいとは思うがな。

【黑鹰】什么?
はい?

【研究者】你居然会像这样,对什么有所执着。
そういう風に、お前が何かに執着するのは。

【黑鹰】这样啊。
そうなんですかね。

【研究者】且让我睡下,不要再来打扰了。
ひとまず我は眠る。もう邪魔するでないぞ。

【黑鹰】主,你等会儿啊,难得醒来一次……啧,已经睡着了啊。真是好速度,还不到三秒啊。
主、ちょっとそんな、せっかく起きたのに、って、寝てしまった。本当に速いな、3秒うちだ。

【黑鹰】唉,要我把这人带回房间吗。唉……
はあ、私は部屋まで連れてゆくのか。はあ……


【黑鹰】这并不稀奇哦。大家,不都是您的造物吗。那个人是,这地方是,我也是。其实,大家都在牵挂着您,而您却从来无动于衷。或许也是因为,无法理解这份牵挂吧。
珍しくなどありませんよ。皆、貴方の作った物じゃないですか。あの人も、ここも、私も。それが皆、貴方を思っているのに、貴方はいつまでも気づかない。理解ができないだけなのかもしれませんけどね。


【白枭】黑鹰,整理已经完成了,请主稍移尊驾吧。
黒鷹。支度が整いましたので、主をどうぞ。

【黑鹰】啊好。
ああ。

【白枭】真的,睡得十分安稳呢。平安无事地让箱庭恢复原状,真是太好了。
本当に、良く眠っていらしゃいますね。無事復旧して、本当に良かった。

【黑鹰】是啊。
ああ。

【白枭】我现在稍微能明白你说的话了。
貴方の言っていたことが、少しだけ分かりました。

【黑鹰】嗯?
ん?

【白枭】“主醉心于创造是常事,所以习惯就好。”的确,主像这样休息的时候,正是需要我们帮助的时候。我想,为了此时此刻,我们的休息也是必要的。
主が集中して作業をされることは茶飯事なのだから、それに慣れておけと、確かに、主がこうして休まれる時にこそ、我々が必要なのですから。その時のために、休息を取るのは必要なのだと思います。

【黑鹰】白枭……
白梟…

【白枭】当然,即便如此,你这样优哉游哉的作风,我决计不会认同。
勿論、だからといって、貴方のように余計に休みを取りすぎているのを、肯定はできませんが。

【黑鹰】嗯——你呀,真的很可爱啊。我被你可爱得稍微有点儿吃惊了。
うんー貴方は、本当に可愛いな。少し驚いてしまうくらいだ。

【白枭】什么?
は…?

【黑鹰】不不不,没什么。我只是在想我们的确是一对儿反义词啊。
いやいや、何でも。確かに私とは正反対だと思っただけさ。

【白枭】你是指什么?
何の話です?

【黑鹰】不不不,没什么。那么,把主带到房间里去吧。
いやいやいや、さて、主を部屋までお連れしますかね。


【研究者】为何呢。
何故だ。

【黑鹰】就算您问我原因……
何故だと言われましても…

【研究者】为何停不下来。
何故止まらない。

【黑鹰】又是什么地方有些计算出错了吧。停不下来的话。啊啊冻死了。
またどこかで、何かの計算がズレちゃったでしょうね。止まらないんですから。はあ寒い。

【研究者】吵死了,你闭嘴。
うるさい。お前は黙っていろ。

【研究者】的确那时我应当改过控制了。从一开始这个结构就该是另行处理的才对,不可能发生关联启动的。
確かにあの時制御を変えたな。そもそもこの機構は、別に処理している筈で、連動すること自体ありえん。

【黑鹰】总觉得这样下去,这箱庭在修好以前就会被雪埋了啊。唉,这玩完得也太早了。
何だがこのままじゃ、出来上がる前に箱庭が、埋まってしまいそうですね。へえ、早かった。

【研究者】黑鹰。
黒鷹。

【黑鹰】我什么都没说。值此良辰,正好来庆祝一下进入测试阶段怎么样?毁灭开始阶段的测试。
いいえ何も。この際、テストができて良かったと思うことにしてはいかがです?滅びが始っている状態の。

【研究者】黑鹰。
黒鷹。

【黑鹰】是,我知道了。
はい。分かっております。

【研究者】我要暂时研究这个一段时间。这段时间禁止入内。你给我出去。
我は暫しこれにかかる。当分ここに入ることは禁ず。出て行け。

【黑鹰】看吧?很快就能习惯了吧?
なあ?すぐに慣れるだろう?

【白枭】主……
主…

【研究者】为何呢……
何故だ……

评论系统不需要注册,对文章有任何意见或建议,请务必留下评论~
Comments
Write a Comment
© 2019 矩阵良