花帰葬|花归葬PS2特典广播剧CD 「彩之城」翻译文本

听译:夢野黎奏
校对:牧诗
字幕:矩阵良
说明:没能赶上花白生日……我恨【

【路人甲】看啦,是银朱队。
【???】見ろ、銀朱隊だ。

【路人乙】真是的,对陛下来说都棘手的人啊。没想到陛下会放任这帮当兵的这么胡作非为。
【???】全く、陛下にも困った者だな。軍の者たちをここまでのさばらせるとは。

【路人丙】就算没有王子,陛下是不是也太宠那个毛头小鬼了?讨伐玄冬也好什么什么也罢,装得好一个正义使者,真得意忘形。
【???】いくら王子が居られないとはいえ、陛下は少しあの若僧に甘過ぎるではないか?玄冬討伐でも何でもと正義の使者気取りで、いい気なものだ。

【路人甲】不过幸亏这样,也算是把那小子绑在军队了吧。
【???】だがそのおかげで、あの若僧を軍に縛り付けていられるとは言えるだな。

【路人丁】因为陛下想把他留在身边吧。
【???】陛下はそれを側に置きたがって居られるかな。

【路人乙】就算陛下再怎么重视他,犯我地盘者是可忍孰不可忍!
【???】どれほど陛下に気に入られていようと、我々の領域に貫入させて堪るものか!

【路人丙】就是啊!
【???】全くだ!

【路人丁】算啦,算啦。这么一想,意外地要感谢一下人家也说不定啊,那个叫玄冬的。
【???】まあ、まあ、そう思えば、案外有り難いものかも知れぬな、玄冬というの。

【路人乙】哈哈哈,说不定啊。
【???】ははは、そうかもしれん。

【路人众】哈哈哈……
【???】ははは…


【士兵甲】这种屁话我是从一大早听到现在啊!
【兵士甲】とかいう話を朝から聞いてしまいましたね!

【文官】唉……
【文官】はあ……

【士兵乙】喂!过激的话不要说出来啊!太失礼了!
【兵士乙】おい!あまり出過ぎたことを言うな!失礼だ!

【士兵甲】因为啊!怎么说也太过分了吧?我们到底是为了什么而组织起来的,那些人根本不懂!可恶!
【兵士甲】だって!いくら何でもあまりじゃないか?我々は何の為に組織されているのか、あの方々は全く分かっていない!クソ!

【文官】算啦,机会难得,来喝杯茶吧。
【文官】まあ、せっかくですし、お茶でも一杯。

【士兵乙】诶,好的,非常抱歉。竟然能蒙文官大人如此关照。
【兵士乙】え、ああ、申し訳ありません。文官殿に言えていただくなんて。

【文官】没事没事,请不必客气。来,茶汤正温,正好慢用。
【文官】いえいえ、構いませんよ。さあどうぞ、熱いうちに。

【士兵乙】是,非常感谢。
【兵士乙】は、有り難く。

【士兵甲】实、实在不好意思。那么在下就不客气了。
【兵士甲】す、すみません。いただきます。

【文官】这个茶叶,是托人从外国送来的哦。据说是十分名贵的品种。
【文官】このお茶、外来から取り寄せた物を頂いたんですよ。とても珍しい物だそうで。

【士兵乙】哦——的确有一股奇香呢。
【兵士乙】ほー確かに、珍しい香りがしますね。

【士兵甲】…………嗯?
【兵士甲】…………ん?

【文官】嗯,毕竟承蒙银朱队长的父亲之盛情收到的茶叶呀。
【文官】ええ、何せ銀朱隊長のお父上に頂いた茶葉ですから。

【士兵甲】(呛到)
【兵士甲】……

【士兵乙】笨蛋!你在干什么呢!
【兵士乙】バカ!何やってんのお前!

【士兵甲】咳咳咳咳…………“父亲”是指,前第三兵团长那位……
【兵士甲】………………お父上って、前第三兵団長の……

【文官】是哦,正是那位前代彩之银狼权威认证的呢。
【文官】ええ、先代の、彩の銀狼のお墨付きです。

【文官】请浅尝一杯,稍作冷静吧。
【文官】これを飲んで、気を落ち着かせてください。

【士兵甲】好,好的。非常感谢您。
【兵士甲】は、は。有り難く。

【士兵乙】总觉得反而冷静不下来了……
【兵士乙】逆に落ち着かない気がする……

【文官】那些流言蜚语,那些人自己大抵也只当是找乐子而已。
【文官】あの方々の噂話は、もう半ば趣味のようなものでしょうからね。

【士兵甲】他们就是知道我们听得到才会这么说的啊。
【兵士甲】我々に聞こえるのは分かっていてやっているのですよ。

【士兵甲】在下以为,倒不如说他们就是故意说给我们听的。
【兵士甲】というか、わざと聞こえるように話しているじゃないかと左様に思います。

【文官】那样的话,就是拿你们寻开心了呢。
【文官】それはもう、趣味ですね。

【士兵乙】是啊,最近确实,到处都有队长的流言在传。
【兵士乙】ああ、確かに最近、いろいろなところから、隊長への風当たりが強くなってるとは感じるが、

【士兵乙】但是,不管怎么说,银朱队长都是我们第三兵团的指挥官啊,要是因为那些无稽的臆测中伤让他烦恼……
【兵士乙】だが、何であれ、銀朱隊長はあくまで、我が第三兵団の指揮官なんだ。勝手な憶測と中傷に振り回されるのは……

【士兵甲】但是!
【兵士甲】だけと!

【士兵乙】我们,乃是为了明确的使命才被组织起来的。任务尚未完成,队长应该不会被解职的吧。
【兵士乙】我々は、確固たる任務の為に組織されている。それを果たさずして、隊長は任を解かれるわけ無いだろう。

【士兵甲】不是的!我的意思是……!
【兵士甲】そうじゃない!俺が言ってるのは!

【文官】好啦好啦,这说明银朱队长是备受瞩目的大人物嘛,从以前开始就是这样了,不必太过在意。
【文官】まあまあ、それだけ、銀朱隊長は衆目を集める方ですから、以前からのことです。気にする事はありませんよ。

【二人】……………………
【二人】……………………

【士兵甲】在下明白的,他们一脑壳的坏水晃出来的当然只能是造谣中伤的话。但是,他们会这么说不就是因为怕不远的将来队长会严重威胁到他们的地位吗!
【兵士甲】分かっています。憶測の域を出ないただの中傷だというのは。でも、それは近い将来、自分たちの地位を少なからず脅かされる事になると危惧しているからでしょう。

【文官】也对,或许就是这样呢。
【文官】まあ、そうとも言えるかもしれませんが。

【士兵甲】在下相信,队长必定会迅速完成使命的。所以陛下才会如此重用队长啊。队长就是能担起如此重任的人物啊!
【兵士甲】自分は、隊長はいずれ使命を果たされると信じています。だからこそ陛下も隊長を重用されている。隊長がそれだけのことをされる方だからです。

【士兵乙】喂,我都说了别再提这事了。
【兵士乙】おい、だからそれにしておけって。

【士兵甲】但是,关于玄冬的那种谬论,那些人们到底把第三兵团当成什么了!
【兵士甲】なのに、玄冬に対してあの言い草、あの方々は一体第三兵団はなんだと思っているのか!


【士兵甲】银朱队长真的真的是非常优秀的人!那些人竟然这么说,不可原谅!
【兵士甲】銀朱隊長は本当に本当に素晴らしいお方です!なのにあんな言い方をするとは、許せません!


【花白】怎么了?你不进去吗?
【花白】どうしたの?入らない訳?

【银朱】………………烦死了。正准备进去了。
【銀朱】………………うるさい。今入ろうとしたところだ。

【花白】哼~一如既往地倍受部下爱戴呢,队长。
【花白】ふんー相変わらず部下に愛されているね、隊長。

【银朱】你好烦啊。你不是还有历史课要上吗?教授都在等你了,快点过去。
【銀朱】うるさい。お前はこれから歴史の授業だろう。教授が待っているぞ。早く行け。

【花白】我知道的啊。我等着目送你进去了就走。
【花白】わかってるよ。お前が入るの見届けたら行くって。

【银朱】为什么?
【銀朱】なぜだ?

【花白】还用问吗,当然是因为有意思啊。
【花白】そんなの、面白いからに決まってるだろう。

【银朱】………………喂,那边的士兵,把救世主殿下带去给历史学教授。
【銀朱】………………おい、そこの兵、救世主殿を歴史学の教授へお連れしろ。

【花白】不用了。我自己能去。
【花白】いいよ。一人で行ける。

【银朱】你就扯吧,以为我会信你的邪吗?
【銀朱】そんな軽口を、俺が信用するとでも思っているのか?

【花白】怎么,不相信我?
【花白】なに、信じてくれないわけ?

【银朱】那当然。我可不打算让你继续扯谎啊。
【銀朱】当然だろう。これ以上貴様に嘘はつかせたくないからな。

【花白】……………………切。真没办法。
【花白】……………………チェ。しょうがない。

【银朱】嗯?难道……?!
【銀朱】ん?まさか……?!

【花白】预——备,石头剪子布!看到那边去!
【花白】せーの、じゃんけんぽん!あっち向いてほい!

【银朱】…………遭了!
【銀朱】…………しまった!

【花白】太好了!是我赢了!来来,快点进去吧。
【花白】やった!僕の勝ち!はいはい、さっさと入った入った。

【银朱】…………喂,那边的士兵!救世主就交给你了!
【銀朱】…………おい、そこの兵!救世主を頼んだぞ!

【银朱】花白,你绝对要去上课。回头我会去找你的。
【銀朱】花白、お前絶対授業に出ろよ。あとで見に行くからな。

【花白】明明没有那个灯国时间还百忙中抽空,真是感谢你呢。工作要加油呦。
【花白】そんな暇ないのにわざわざありがとうね。お仕事頑張ってね。

【银朱】…………为什么每次都被他带到坑里去了啊我……
【銀朱】…………なんで毎回乗ってしまうんだ俺は……


【花白】好——啦,今天要做什么呢。
【花白】さーてと、今日はどうしよっかな。


【银朱】早上好。
【銀朱】おはよう。

【士兵甲】银朱队长!早上好。
【兵士甲】銀朱隊長!おはようございます。

【士兵乙】早上好。
【兵士乙】おはようございます。

【银朱】嗯,真早啊。辛苦了。
【銀朱】うん、早いな。ご苦労。

【文官】早上好,银朱队长。昨天您说的文书已经送回,我顺道带过来了。
【文官】おはようございます。銀朱隊長。昨日おしゃっていた書類ですが、戻ってきていますので、お持ちしました。

【银朱】好的。这要尽快转呈勤务室了啊。
【銀朱】そうか。それは詰め所のほうに回さねばならなくてな。

【士兵乙】那这样的话,正好我们也要回去了,就请交给我们送过去吧!
【兵士乙】それでしたら、我々はそろそろ戻りますので、お預かり致しましょうか。

【银朱】好,拜托了。这边的文书和那边的资料也带上。
【銀朱】ああ、頼む。それとこっちの書類と、そこの資料もだ。

【士兵乙】是!那么,我们先告辞了。
【兵士乙】は!では、失礼致します。

【银朱】嗯,交给你们了。
【銀朱】ああ、頼んだぞ。

【二人】是!
【二人】は!

【士兵乙】方才真是万分抱歉!
【兵士乙】先程は、申し訳ありませんでした。

【银朱】嗯?
【銀朱】ん?

【士兵甲】万、万分抱歉!在下告辞了。
【兵士甲】申し訳ありませんでした!失礼します。


【银朱】那两个家伙……
【銀朱】あいつら……

【文官】队长刚才在门外,被他们发现了哦。
【文官】隊長がいらっしゃったの、気づいていたんですよ。

【文官】我们的谈话被您听到了吧。
【文官】我々の話をお聞きになられたでしょう。

【银朱】为,为什么你知道……
【銀朱】な、なぜそれを……

【文官】因为队长您呀,每天一定会提早十五分钟来这里的嘛。
【文官】隊長は、毎日必ず十五分ほど早くいらしゃいますから。

【银朱】……………………这样啊。
【銀朱】……………………そうか。

【文官】真的是,他们也好那些人也好,都很喜欢队长呢。
【文官】本当に、彼らもあの方たちも、隊長のことがお好きですね。

【银朱】哪些人?
【銀朱】なに方?

【文官】就是我们刚才说的那些人呀。您听到了吧。
【文官】先程の話ですよ。お聞きになっていたんでしょう。

【文官】今天他们似乎被针对了。
【文官】今日は彼らが標的されたようで。

【银朱】是啊,无聊透顶。
【銀朱】ああ、くだらん。

【文官】我也曾有几次听闻,真是令人生厌。
【文官】私も何度か耳にしたことがあるんですが、本当に嫌味なんですよね。

【文官】那些人真有那么不安的话,再争点气把自己的工作做好点不就行了吗?
【文官】そんなに不安なら、もっと自分の仕事に精を出せばよろしいでしょうに。

【银朱】你才是最刻薄的啊。真是,我不想在他们面前这么说啊。
【銀朱】お前が一番口がすぎるぞ。ったく、あいつらの前では言わないだからな。

【文官】不好意思啦。
【文官】申し訳ありません。

【银朱】别管那些瞎说的人了,爱说什么随便他们说什么去。
【銀朱】言いたい人間には、好きなだけ言わせて置けばいいだろうに。

【银朱】反正靠内部倾轧的权利斗争逃避现实,也只剩现在这会儿了。随他们去吧。
【銀朱】どうせ内輪の権力争いに現を逃していられるのも、今のうちだけだ。ほっておいてやれ。

【文官】的确,我想如今这样也正标志着我国现在处于和平时期吧。
【文官】確かに、今それだけ我が国が平和だという印のような気もしますけどね。

【银朱】也只剩现在了。照白枭殿下的预言所说,玄冬已经诞生了。要不了多久,他们想嚼舌根都没那个空闲了。
【銀朱】今だけだがな。白梟殿の預言によれば、既に玄冬は生まれている。そのうち嫌でも、そんなことを言っていられる余裕はなくなるさ。

【文官】唉……
【文官】は……

【银朱】真是的,这帮老油条。可以的话我倒是也想放任他们做一辈子和平废柴啊。
【銀朱】全くあの狸じじいども。できればこっちだって、いつでも平和ボケさせておいてやりたいところなんだが。

【文官】您还是这么温柔呀。
【文官】それはまたお優しいことを。

【银朱】哼,我只是在祈祷国泰民安而已。而且,这份工作挺对我胃口的。
【銀朱】ふん。国の平和を祈っているだけだ。それに俺は、この仕事が性に合っているし。

【文官】……………………
【文官】……………………

【银朱】…………喂,刚才那些话,别对陛下……
【銀朱】…………おい、今のは、陛下には……

【文官】哈哈,别这样嘛,我不会说的哦。
【文官】はは、嫌だな、言いませんよ。

【文官】什么我国光荣的救世主后代家族的下任家主讨厌文职,宁愿玄冬没被发现还更安心一点,之类的。
【文官】我が国の栄えある救世主様の末裔一族の次期当主が、政治官職を嫌がって、まるで玄冬が未だに見つからずにいることに安堵しているようだ、なんて。

【银朱】喂!!我就是说这种!谁说过那种话了!
【銀朱】だ!!だからそれだ!誰がそんなこと言った!

【文官】不不,我只是觉得这样理解您的想法也不是不行呢。
【文官】いえいえ、そんな風に取れなくもないかと思っただけのことです。

【银朱】我说啊,你可比那些老油条还多一肚子坏水啊,这么搞。
【銀朱】あのな、お前あの狸じじいどもより質が悪いぞ、それじゃ。

【文官】哈哈哈,真是抱歉。
【文官】ははは、申し訳ありません。

【银朱】…………我对自己的血脉,以及家族赋予我的使命感到无上的光荣。
【銀朱】…………俺は己の血、我が家に課せられた使命に誇りを持っている。

【银朱】这一点,即使打倒玄冬了也不会改变。
【銀朱】それは、玄冬を倒したあとだって変わらん。

【银朱】我不打算辞去军职。守我国土护我家邦,就是我的使命。
【銀朱】軍を引く気はない。我が国を守るのが、俺の役目だ。

【银朱】我不知道陛下说过什么,但你不要每句都当真。
【銀朱】陛下が何をおしゃっておられたかはわからんが、いちいち真に受けるな。

【银朱】何况我也没那么容易转成文职。
【銀朱】そう簡単に政治官職などに移れるわけも無かろうに。

【文官】此言差矣,我倒是觉得那听上去并非戏言。
【文官】いや、それが冗談でもなさそうだったようにお見受けしたんですけどね。

【银朱】你刚才说的什么?
【銀朱】なにか言ったか?

【文官】没什么,自言自语罢了。
【文官】いいえ、独り言です。

【银朱】…………真是的,你这不就跟那些老古董说的话没差别吗。
【銀朱】…………ったく、本当にあのじじいどもと言ってることが変わらんじゃないか。

【银朱】一个两个都今朝有酒今朝醉的。
【銀朱】どいつもこいつも目先のことばかり。

【文官】那是因为,大家都相信您嘛。
【文官】それは、信じているからですよ。

【银朱】什么?
【銀朱】なに?

【文官】你麾下那个小年轻也是,估计喜欢编排你的人也是,我冒昧揣测一下,连陛下也是,当然了我也是。大家都相信,队长一定会拯救我们的。
【文官】あの部下の青年も、おそらく噂好きな方々も、恐れながら陛下も、もちろん私も。隊長なら、必ずや我々を救ってくださると。

【银朱】…………
【銀朱】…………

【文官】正因为相信着您,大家才只关心眼前的事情。
【文官】信じてるから、先のことにまで考えが及んでしまうんです。

【银朱】你这笨蛋。那才不是相信,那就是死于安乐而已。
【銀朱】バカもの。それは信じてるじゃない。ただの平和ボケだ。

【文官】队长不是说了要放任我们做和平废柴的嘛。
【文官】隊長が我々を平和ボケさせてくださるとおしゃったんおしゃったんじゃないですか。

【银朱】我说啊,要是能做到的话我也想让你们那样,但这也只是说说而已。而且,你们都忘了一件重要的事。
【銀朱】あのな、できるものならそうさせてやりたいが、といっただけだ。それに、お前達は大事なことを忘れているぞ。

【文官】什么?
【文官】はい?

【银朱】……………………要拯救你们的人,不是我。
【銀朱】……………………救うのは、俺じゃない。

【文官】………………不,我并不是这个意思……
【文官】………………いいえ、そういう意味では…

【银朱】确实,你说的也有道理。
【銀朱】確かに、お前の言うことも一理ある。

【银朱】如今,我们还没有发现玄冬,要说我对这事不感到安心,那是骗人的。
【銀朱】現状、玄冬がまだ見つからずにいることに、安堵していないと言ったら嘘になるからな。

【文官】队长……
【文官】隊長…

【银朱】白枭殿下也说,现在还没到着急的时候。
【銀朱】白梟殿も、まだ焦ることはないという。

【银朱】所以说,有时候,我也不是没有这种想法:说不定可以这样相安无事直到结束。
【銀朱】だから、たまに、もしかしたらこのまま何も起きずに済むのではないかと、思わないわけじゃない。

【银朱】………………这大概只能是个美好的愿望吧……
【銀朱】………………願いみたいなものかもしれんが…

【文官】………………
【文官】………………

【银朱】………………希望他……
【銀朱】………………あいつは…

【文官】诶?
【文官】え?

【银朱】………………那家伙…………!
【銀朱】………あいつ……!

【文官】咦,队长?
【文官】え、隊長?


【花白】好,搞——定,新路是我开!嗯……?
【花白】った、よーし、新ルート開拓っと!うん…?

【银朱】你这小子在干什么呢!
【銀朱】何をしているんだ貴様!

【花白】遭了,银朱!
【花白】げぇ、銀朱!

【花白】这里是那家伙的勤务室下面吗,不妙啊……
【花白】ここあいつの執務室の真下か、しまったな…

【银朱】喂花白!你要去哪!
【銀朱】おいこら花白!どこ行く!

【银朱】你不是要去上课吗!你小子又逃课了吗!
【銀朱】授業に出っているじゃなっかたのか!またサボりか貴様!

【花白】今天停课哦。虽然是自主停课!
【花白】今日は休講だったよ。自主休講だけど!

【银朱】啊,喂!那边的卫兵,抓住他!
【銀朱】あ、おい!そこの衛兵、そいつを捕まえろ!

【银朱】错了不是那边!是右边!
【銀朱】ちがうそっちじゃない!みぎだ!

【银朱】……………………算了算了,我自己去!
【銀朱】……………………もういい、俺が行か!


【文官】哎,就这么走了啊。
【文官】ああ、行ってしまわれた。

【文官】我是真的这么认为哦。
【文官】本当にそう思っているんですけどね。

【文官】正因为救世主大人、预言师大人,以及您这样的人在这里,这太平日子才能过下去。
【文官】救世主さまと、預言師さまと、そして、貴方のような方が居てくださるから、この平穏な日々が続いていくのだと。

【文官】………………哎呀,这么一说,都忘了把文书给他签字盖章了。啊啊这可怎么办……
【文官】………………っと、そういえば、書類に判をいただくのを忘れてしまいましたね。ああどうしよう…


【银朱】你给我站住!别想逃!
【銀朱】待って貴様!逃さんぞ!

【花白】意外的迅速啊。切——才不要呢!行啦放过我吧。你不是还有工作吗?
【花白】意外に速いな。チェー ヤーだよ!いいから放っておけよ。お前仕事だろ?

【银朱】闭嘴你这蠢货!你才是节节逃课堂堂溜号,你明白自己的立场吗!
【銀朱】黙れこのバカが!お前こそ毎度毎度授業をサボりやがって、自分の立場を分かっているのか!

【花白】立场?立场是指什么?
【花白】立場?立場って何が?

【银朱】对你来说还有很多不得不学习的东西吧。
【銀朱】貴様にはまだ学ばねばならないことがたくさんあるだろう。

【银朱】作为救世主,你还太稚嫩了。
【銀朱】救世主として、貴様はまだまだ未熟なんだぞ。

【花白】哼——
【花白】ふんー

【银朱】那些课程就是为你的成长而准备的,这都偷懒像什么话!
【銀朱】そのための授業なのに、サボるとはいったい何事だ!

【银朱】差不多也该有点救世主的自觉了,我到底要说多少次你才明白?
【銀朱】いい加減自覚を持てと何度言えばわかるんだ?

【花白】你的意思是,“因为我们把你当做救世主抚养,所以给我感恩戴德地去学习”?
【花白】救世主として育ててやってるんだから、ありがたく勉強しろって?

【银朱】什么?
【銀朱】なに?

【花白】我作为救世主在这里被养大,所以吃水不忘挖井人是理所当然的,你想这么说的吧?
【花白】僕は救世主としてここで育てられてるんだから、恩を返して当たり前だと覚えっていうわけ?

【银朱】花白……
【銀朱】花白…

【花白】自顾自把我带来这里,又自顾自把意愿强加给我的明明就是你们,甚至还要我付出什么代价,我真是敬谢不敏啊。
【花白】僕を勝手に連れてきて、押し付けたのはあんた達なのに、そのうえ代価まで払えと言うなんて、ほんと、やってられないな。

【银朱】……你啊……
【銀朱】…お前なぁ…

【花白】对你们来说这样就万事大吉了吧。把我养大卖我人情,等到将来我立功之后,这些都能变成你们的功劳了。
【花白】あんた達はそれでいいんだろうけどさ。育てて恩を着せておけば、いずれ僕が功績を上げたときには、自分たちの手柄にできるんだから。

【银朱】……………………
【銀朱】…………………

【花白】但是我……
【花白】けど僕は…

【银朱】…………为什么你非得这么说啊!
【銀朱】…………どうしてそういう言い方しかできないんだ、お前は!

【花白】…………什么啊,那依你之见我该怎么说啊?
【花白】…………なんだよ、じゃあ他にどう言えるっていうんだよ。

【银朱】不是这个问题吧。大家这不都是为你着想吗?
【銀朱】そうじゃないだろう。貴様のためを思ってしているのだぞ、皆。

【花白】所以,我不都说了不要一副挟恩自重的嘴脸吗。
【花白】だから、それが恩着せがましいって言ってるじゃないか。

【银朱】你个蠢货,你这样从根上就想错了啊。
【銀朱】バカもの、そういう風に受け取るのがそもそも間違っている。

【银朱】明明大家真的都在为你考虑,为什么你就是不明白?
【銀朱】本当に貴様のことを思ってのことなのに、何故それがわからない?

【花白】……………………
【花白】…………………

【银朱】看来,你对自己救世主的身份和使命都很不满啊。
【銀朱】貴様は、自身が救世主とやることをが気に入らないようだがな。

【银朱】你这样,只是耍小孩子脾气而已。
【銀朱】そんなのは、ただ子供のわがままだ。

【银朱】再好好看看你身边的人们,然后认真地想一想。
【銀朱】もっと周りの者のことをよく見て、考えろ。

【花白】………………结果不还是这样吗。
【花白】………………結局そうじゃないか。

【银朱】你说什么?
【銀朱】なに?

【花白】哪里不一样了啊。大家都是这样,都觉得是在为我着想,都觉得是在照顾我,我到底什么时候这么期望过啊!
【花白】何が違うっていうのさ。そうやって、みんな僕のためを思ってる、僕のためにしているって、いったいいつ僕がそれを望んだよ!

【银朱】花白!
【銀朱】花白!

【花白】我根本没期望过那些事。虽然你大概不会理解的。
【花白】僕そんなこと望んてない。アンタには分からないだろうけど。

【银朱】…………是啊,我怎么可能会理解。
【銀朱】…………ああ、分かるものか。

【花白】……………………!
【花白】…………………!

【银朱】但是,我理解那些关心你的人们的心情。
だが、お前を思う者の気持ちは分かる。

【花白】…………………………
【花白】…………………………

【银朱】回来吧,花白。不要再给周围的人添麻烦了。
【銀朱】戻れ、花白。周りの者たちに迷惑を掛けるな。

【花白】…………我不要。
【花白】…………嫌だな。

【银朱】花白!
【銀朱】花白!

【花白】看招——!
【花白】ええいー!

【银朱】……?!………………
【銀朱】…?!…………

【花白】笨蛋,我会听你的才有鬼!
【花白】馬鹿、お前の言うことなんて聞いてたまるか!

【银朱】……好痛……
【銀朱】……ったたたた……

【银朱】………………救世主,吗……我从小就憧憬着啊。
【銀朱】………………救世主、か…幼い頃から憧れていた。

【银朱】但是,真正的救世主,还是这么小的孩子啊。
【銀朱】だが、本当の救世主は、まだあんなにも子供だ。

【银朱】的确,现在我还能时不时地妄想,这段和平的日子仿佛可以一直这样持续下去。
【銀朱】確かに、今はまだこのまま、この平和な時が続くかのように思える時もある。

【银朱】但是,只为了打倒玄冬而诞生的孩子,的确就在我的眼前,我也不能再抱有这么天真的想法了吧。
【銀朱】だが、玄冬を倒す、その為だけに生まれた子供が、確かに目の前にいるというのに、そんな、甘い事を考えるわけには行かないだろう。

【银朱】………………花白,即使千般不甘万般不愿,你仍然是,救世主啊。
【銀朱】………………花白、例えどんなにお前が望まなくともな、お前が、救世主だ。


【银朱】不过,结果还是让花白跑了。而且文官也不在勤务室,到底去哪了啊。
【銀朱】しかし、結局花白を逃してしまった。しかも文官も執務室にいないし、いったいどこに行ったんだ。

【银朱】姑且先去问问白枭殿下吧。
【銀朱】一応、白梟殿にお聞きしてみるか。

【银朱】白枭殿下,打扰了。在下有事来请教您。
【銀朱】白梟殿、失礼する。尋ねたいことがあるんだが。

【文官】哎呀,队长真的来了!不愧是白枭大人,您真是有一双千里眼啊!
【文官】ああ、本当にいらっしゃいました!さすがは白梟様、千里の目をお持ちでいらっしゃる!

【白枭】呃……
【白梟】は…

【银朱】嗯?文官,你为什么在这里……
【銀朱】ん?文官、お前なんでここに…

【文官】这个啊,因为有需要队长签章的文书,但队长去追花白大人了,于是我就想,既然如此,就请白枭大人占卜一下队长什么时候回来吧。
【文官】いえ、判をいただかねばならない書類があったんですが、隊長が花白様を追いかけて行かれてしまいましたので、それなら、いつ頃お戻りになるのか、白梟様に占っていただこうかと。

【银朱】哈?你啊……
【銀朱】は?お前なぁ…

【文官】在那之后,诚如白枭大人所言,队长果然回来了,该怎么形容呢,实在是……!
【文官】そうしたら、本当におっしゃった通りに戻って来られたので、なんと言ったらいいのか、もう…!

【文官】能亲眼拜见白枭大人的力量,实在是不胜感激!
【文官】白梟様のお力をこの目で拝見できて、私は感激です!

【银朱】是这样吗?
【銀朱】そうなのか?

【白枭】我只是如此相告,说队长暂时放下工作出门去了,不久就会回来的。
【白梟】私はただ、仕事を残して出られたのですから、直に戻られるのではないですかと、申し上げただけなのですが。

【银朱】…………花架子真不少啊你。
【銀朱】…………名目はなんでもいいなお前。

【文官】咦?您说了什么?
【文官】え?何がおっしゃいました?

【白枭】银朱队长,您为何前来拜访?
【白梟】銀朱隊長は、なぜこちらへ?

【白枭】队长也想寻找什么事物吗?
【白梟】隊長も、お探し物ですか?

【银朱】…………不,是花白又逃课了。
【銀朱】…………いや、また花白が授業をサボったんでな。

【银朱】我想把这件事也禀告您一声。
【銀朱】それを貴方にも伝えておこうと思ったんだ。

【白枭】原来如此。多谢您费心。
【白梟】そうですか。わざわざありがとうございます。

【银朱】我叮嘱过卫兵了,他应该跑不出城外的,但凡事都有个万一。请您也当心一些。
【銀朱】衛兵たちには言ってあるので、城外には出られぬとは思うが、万一のこともある。貴方も気をつけておいてくれ。

【白枭】我会多加留意的。真是的,拿他没办法呢。
【白梟】そう致しましょう。まったく、仕方ありませんね。

【银朱】………………白枭殿下。
【銀朱】……………白梟殿。

【白枭】怎么?
【白梟】何か?

【银朱】还没有发现玄冬吗?
【銀朱】玄冬は、まだ見つからないか?

【白枭】是的。很遗憾。
【白梟】ええ。残念ながら。

【银朱】这样啊。
【銀朱】そうか。

【白枭】然而,离毁灭的时刻还尚有时日。
【白梟】ですが、滅びの時までは、まだ時はあります。

【白枭】我们也应从现在起竭尽所能。
【白梟】今は、我々にできることを致しましょう。

【银朱】啊,是啊。如您所说。那么,在下告辞了。
【銀朱】ああ、そうだな。その通りだ。では、失礼する。

【文官】啊,队长。
【文官】あ、隊長。

【银朱】你也别在这打酱油了,快回去了。
【銀朱】お前もこんなところで油売ってないで、戻るぞ。

【文官】好的。那么在下告辞了,白枭大人。
【文官】はい。それでは失礼します、白梟様。

【白枭】那么,你到底要拖到什么时候呢。花白。
【白梟】それで、一体貴方は、いつまで先延ばしにするのでしょうね。花白。


(………………………………)
(………………………………)


【黑鹰】喂,玄冬。玄冬啊。
【黒鷹】おい、玄冬。くろと。

【玄冬】嗯?怎么了?我现在手上腾不开啊。
【玄冬】ん?何だ?今は手が離せないんだが。

【黑鹰】来这边一下。
【黒鷹】ちょっとちょっとこち。

【玄冬】嗯?
【玄冬】ん?

【黑鹰】石头剪子布,看到那边去!
【黒鷹】じゃんけんぽん、あっち向いてほい!

【黑鹰】…………你啊,至少表情上示意一下会出什么嘛,这样多没意思啊。
【黒鷹】…………君、せめて顔をどちらかに振るくらいし給えよ、つまらないな。

【玄冬】……………………所以呢?
【玄冬】……………………で?

【黑鹰】这是小不点最近教我的游戏哦。
【黒鷹】この間ちびっこに教わった遊びだ。

【黑鹰】总觉得,还挺有意思的嘛,不过对手是你的话就一点都不有趣了。
【黒鷹】なかなか、愉快だと思ったんだが、相手が君だとあんまり面白くないな。

【玄冬】………………行了,我正在打扫中。别妨碍我。
【玄冬】……………いいから掃除中だ。邪魔するな。

【黑鹰】但是啊——啊好闲。好闲啊——
【黒鷹】でもねー あー暇だ。暇だなー

【黑鹰】你那么忙,我又那么闲,真是受不了啊——
【黒鷹】君が忙しいし、私は暇だし、たまらないなもうー

【玄冬】那你也来帮帮忙怎么样啊。
【玄冬】じゃ少しは手伝ったらどうだ。

【黑鹰】不不不,这就免了。什么时候还会再来呢,小不点。
【黒鷹】いやいやいや。次はいつ来るかな、ちびっこ。

【玄冬】…………谁知道。
【玄冬】…………さあな。

【黑鹰】…………小不点来玩的话,确实就不无聊了。
【黒鷹】…………ちびっこがくると、確かに退屈はしない。

【玄冬】是啊。
【玄冬】ああ。

【黑鹰】但是,无聊也没什么不好的。
【黒鷹】だが、退屈なのも、そう悪いものじゃない。

【玄冬】………………什么?
【玄冬】………………はに?

【黑鹰】人一忙起来就会这么想啦。
【黒鷹】忙しくなると人はそう思うものだ。

【玄冬】……………………黑鹰……!
【玄冬】……………………黒鷹…!

【黑鹰】嗯?玄冬,这是什么?
【黒鷹】ん?玄冬、これは何だ?

【玄冬】是扫帚,我要去准备晚饭了,剩下的就拜托你了。
【玄冬】箒だ。俺は夕食の下ごしらえをするから、あとは頼んだぞ。

【黑鹰】啥?!
【黒鷹】なに?

【玄冬】一忙起来就会喜欢无聊对吧。那不正好。
【玄冬】忙しくなったら退屈が好きになるんだろう。そうするといい。

【黑鹰】喂,玄冬!
【黒鷹】おい、玄冬!

评论系统不需要注册,对文章有任何意见或建议,请务必留下评论~
Comments
Write a Comment
© 2019 矩阵良